fc2ブログ
備忘録  Fight or Flight
 ポロリもあるよ!   構築、ログはカテゴリの「構築リンク」からとぶと便利だってさ!
vip3-pacman.jpg

VIPまでの備忘録まとめ

数が増えてきたのでまとめた

↑の第3弾。備忘録まとめるの自己満足度高くてこれ書くためにVIP目指してるまである。
一旦積みゲー消化期間に入る予定だから次回以降は未定。そんなに長くかからずVIP入れるようになってきた空気感があるから、気になってるファイターくらいはVIP入れたいところ。

しばらく思い出話
○VIPに入れようと思う前(4月~9月前半)

・4月
思い出編で書いたように、3月から対戦始めていろいろファイター触っていたんだけど、パックマンを触り始めたきっかけは、フロストバイトか何かの動画見てるときにてぃーパックマンを見て、なんだこのファイターはって衝撃を受けたからだった。
ベル持ってるときにふてぶてしくガードしてる相手にガンダッシュしてめり込んだり、ジャスガ狙ってカチャカチャガードしたり、世界の大舞台でふざけてるようにも見える(けど合理的な)プレイをしているところが面白いなって。相手も相手でビビってるし。あと単純に横スマがバカ技で好きだったから。
最初はちょっとCPU相手にコソ練して毎週対戦していた不労所得さんに一度当てたくらいだったと思う。
そこからしばらく毎週ファイター変えて遊んでいたから以降しばらく触らなかった

・6月
めぼしいキャラは触り終わったから、苦しみながらメインにしようと、触った中で手応えがあったというか、強そうだなと思ったパックマンのリハビリを開始した。どれ練習しようかな~ってブツブツ言ってたら、不労所得さんにパックマン一番良かったって言われたのもあったし。他人からの評価は大事。
でもご存じの通り割と特殊なキャラだから使ってて苦しいというか、難しかった。

・7月
パックマンのリハビリで微妙に苦しんでいるところに、初めてのアップデートでキングクルールが強化されたのもあってクルールをVIPに入れたから触ってなかった。

・8月
クルール気に入ったけど、弱キャラの代名詞みたいなところがあるクルールだけ触るってのもなぁって感じで、またメインにしようとゼルダロゼチコと並行してパックマンを触り始める。この3ファイターは500万までは乗せてた。

・9月前半
ゼルダロゼチコパックマンが割と難しいというか、使っていて割に合っていないような気持ちが強くなってきた(パックマンを例に挙げると、他のキャラが空後でドーンとか隙の少ない強攻撃とかで撃墜してくるのに、こっちはなんで当たるかどうかもわからんベルをヨイショヨイショって時間かけて溜めて、結局当たらないとかマジであほらしくなった)のもあり、別のファイターも触りたくてポケトレ触るも、強いなとは思いつつ下手すぎて絶望。逆VIPにしてしまっていたガノンパルテナで遊んで現実逃避してた。
現実逃避の過程で久しぶりに触った射撃miiがなんかいい感じだったので、サクッとVIPへ。

・9月後半
クルールに射撃miiと、なんともこう、初心者がとりあえずお手軽にVIP目指しました~みたいな空気感(シリーズ未経験の初心者は何を使ってもお気楽ではないと思うが?)もあったし、そろそろ向き合おうとゼルダロゼチコパックマンからツイッターの投票機能使って、パックマンに決定。普段そういう決め方しないんだけど、国勢調査が届いた直後だったからね。投票してくれた方々ほんとありがとう。あったけぇ・・・。

思い出話終わり!
○500万~700万(9/21~9/26(700到達)~10/1)
700万までは早かったけど、そこからあんまり手応えがないまま行ったり来たりしていた。

・キャラ慣れ
パックマンって落下遅くてふわふわしてるくらいで運動性能は標準、空中技と強攻撃はリーチと持続が短いだけで素直に使えて優秀、スマッシュはご存じの通り。ここまで見ると使いやすい雰囲気があるけど、B技がとにかく癖が強くてしかもこれがパックマンの根幹だからトータルで癖の強いファイターって印象。
A技が使いやすいんだから、B技(特にフルーツ消火栓)を使わないで勝てばいいでしょワラ、みたいなのはこのイカれた性能のファイターがひしめくこの作品で言えないでしょ。そういうのは過去作やってたか今作も発売当初からやってる側がマウント取るときの言い分なので、特殊なフルーツターゲットと仲良くならないとこのファイターは話が始まらない。フルーツ見ながら溜めてたら相手見えないしな。
加えて復帰も強いんだけどちょっと癖がある。復帰の時に横B出さないと届かない、みたいなときにとっさに上Bが出てしまうのは最初とても多かったし、そもそも上Bもスティックの入力がよくわからんし、崖の傾斜で謎(謎ではないが)の動きするし、強いとは言え結構難しい。横Bも崖にぶつかると頭出るとかいうレベルじゃないくらい飛び出るし、かといって掴まないと上に行っちゃうし。他にもあるけどとりあえずこの辺で・・・。
その特殊さが強さみたいなところがあるから、そこに慣れるのが大変だったな。他の諸々はとにかく簡単な部分だけでいいからパックマンに慣れてからじゃないと始まらなかった。対戦相手を見る前に、慣れてないせいで自機のパックマンに意識の大部分を割いていたらそれは対戦の土俵ではないんだよなぁ・・・。ちなみにまだ大分怪しいけど、割り切りみたいなのはわかってきたから幾分かマシになった。

・空前空N振り続ける
クルール射撃miiと違って、とにかく技の回転率が良いので、最初は攻撃を振り続けていた。代わりにリーチと持続は短いけど。
空前空Nとか、空前(急降下)空前運びとか。最初は技を振りすぎて相手見てなくてひどかったけど。限度。
フルーツも強いけど、この使いやすい空前空Nがダメージレースの強さを支えてた。

・フルーツをただの飛び道具として適当に撒く
フルーツはとりあえずボスギャラまで溜めるのが常ではあるんだけど、クルール射撃miiという呼吸をするように弾をポイポイするファイターを使っていたから、ボスギャラまで溜めて当たるかわからないけど投げて、外れたらその時間が無駄になるってのがとにかく耐えがたい苦痛だった。ベルもそう。
だから、溜まるのが早いフルーツ達を、ただのまっすぐ飛ぶ飛び道具としてオレンジ、嫌がらせとしてチェリー、なんか近くで投げるとまた掴んでコンボになるリンゴ、暇なときにはただのチャージショットの鍵って具合に、弾として使ってた。ボスギャラも段々慣れて使えるようになったけど、それ一辺倒だと相手も慣れちゃうし、これは取り入れられて良かったと思う。
最初は慣れていない自分に牙をむいていたフルーツが、相手を翻弄するようになるのは熱いよね。

・ベルを溜めるとラインが勝手に押しあがるから当たらなくてもリターンがある
ベルなんてアイテム化して持ってると相手は目に見えて逃げに徹して、慣れてないと全然通らなくて、逃げながら必死に溜める時間無駄なのに、相手はそんなことしないで適当にリーチ長くて振りやすい横強とか、バカみたいに飛ぶ空後で撃墜してきてマジで腹立って仕方なかった。
かといってベルを通さないとただでさえ撃墜がぐだりやすい(簡単に撃墜できる択がないんだよな)ファイターだからマジで撃墜レースで負け続けて勝てない。詰んだ。まあベルを当たるまで溜め続けるだけなんだけどさ、使ってて辛いじゃん。わかるでしょ。
なので視点をちょっと変えて、ベルを溜めると相手が逃げ腰になってラインが押し上がっている部分に注目して、そのために溜めると割り切ることにした。ラインを詰めればベルが外れてもそこから適当に振った横スマが当たって撃墜!とかも多かったし。
パックマン、できること自体は多いけど、俺自身が全くついていかなくて、こういう割り切りが無限に発生して、現状ほんと汚い仕上がりになってる。

・混乱するからベル横スマ(上スマ)と鍵での撃墜に意識を絞る
パックマンは気軽に撃墜できる択がないから、ベルか適当横スマをしっかり拒否されると撃墜がぐだりやすく、気が付けば200%まで溜めて崖際の横強で撃墜とか信じられない状況が頻発していた。
じゃあパックマン使いはどうしてるのかというと、撃墜択自体は結構たくさんあるからそれ通してるっぽいんだよ。空後はリーチ短いし持続も発生も特別優秀じゃないし空後としてはそんなに飛ばないけど%稼いで崖際で本当てすれば撃墜できるし、空下もすっぽ抜けやすいけど外に出した相手にオレンジとか投げて復帰ルート制限して当てれば結構飛ぶし、リンゴも消火栓絡めたり上投げして掴んで落ちてくるの当てたりできるし。一応後ろ投げで撃墜できるけど、全員持ってるくらいの強さ。消火栓飛ばしたりもするけど、相手も利用できる。というかパックマンのB技全部相手も利用できるんだよ。
いや、難しいなおい。
スマッシュブラザーズは%を稼ぐゲームではなく撃墜するゲーム(1192さん言ってないシリーズ)なので、どうしても使っていると撃墜困難に目がいって、どうにか撃墜をしようと警戒されて通らないベルや適当横スマだけじゃなく、上述の撃墜択を取りたくなってしまう。
とはいえ触り始めの自分にそんなものはできる余裕なんてないので、黙って粛々とベルまで溜めて横スマを振り続けろ。相手もまだVIP前。なんとかなる。
空中で当たったら反転空後するぞ!とかベル投げる前に考えんなよ。上で散々言ってんじゃん、そもそも当てられてないんだから口だけうまぶるな。
%溜まりすぎて横スマで隙をさらす必要がないなら、もうガン逃げして鍵。当たるまで鍵。消火栓挟んで鍵。着地狩りで鍵。
浮いてる相手にベル当たったときは横Bで追いかけるとびっくり撃墜できて楽しかった。これはなんか素直にできたから結構使ってた。ちょっと浮いた相手にステップ上スマが出せる余裕が出てきてからは気持ちも楽になった。一歩ずつだね。

・崖スキップ
丸の内OL100人に聞きました。撃墜される場面は?のアンケートで100人中5億人が崖背負った場面って答えるくらい、崖は危ない。スマブラに船越英一郎参戦待ったなし。

閑話休題。キャラ紹介します!このキャラ強いです!序盤中盤終盤隙がありません!みたいな動画ってあると思うんだけど、最後に弱点無いの?みたいな申し訳程度の帳尻合わせの質問の答えとして、復帰が弱いです!ちゃんと弱点あるから許して!!!みたいなのあるじゃん。あれマジでふてぶてしいよな。何にキレてるんだろう俺。
スマブラってゲーム、復帰を咎められるとストック持ってかれてどんだけ%でリードしていても負けてしまうので、そもそも復帰する状況って言うのは弱いものなんだよ。だから(程度の差はあれど)復帰は大体弱いの。復帰の弱さを免罪符にするな。弱点はありませんって言え。
そんなこんなで世間で復帰が弱いないし弱めって言われているファイターって無限にいるんだけど、じゃあ逆に世間で復帰が強いって言われているファイターって誰なんだろう。
私ちょっとこのゲーム日が浅いので何とも言えないんだけど、ビギナー帯だとクルールなんかは簡単で復帰量もあって復帰のミスが少ないから強いけど、非常に狩られやすいからちょっと上達すると弱いって言いきれるので論外。
じゃあ発生に無敵があるマルキナとか?って思うけど、攻撃判定がなければないで弱いけど、あればあるでカウンターされて、強いとは言えない気がする。
狩られにくいという意味では、パルテナみたいなテレポート系は強いのかな。
また別の視点だと、ゼロサムや格闘miiの下Bみたいなそもそも崖を掴まない択を持っているのは強いと言って良いのかな。

ここで話を戻してパックマンの復帰について。横B上Bでどこからでも帰ってくるからパックマンは復帰が強いと思うんだけど、復帰距離だけじゃなく、横Bで崖をつかまず上から帰れるし、しかも消火栓で着地狩りもある程度拒否できる。これは強い。
ずいぶん話が長くなったけど、ここら辺を意識して、特に崖が強い相手には上から帰るのを意識的に増やした。相手もVIP前だから割と安全に帰れて長生きしやすくなった。後で書くけど、撃墜困難だから、撃墜撃墜!って走るだけじゃなくて、逆に撃墜拒否をすることも大事だった。

○700万~762万(VIP到達)(10/2)

・撃墜拒否
パックマンは撃墜でぐだりやすい。これはネガとかではなく事実ベースの話。突然横スマの発生5Fになったりはしないし、ヨガを始めて空後のリーチが伸びたりしないので。
使っていると撃墜困難がどうしても気になるけど、撃墜ができないわけではなくて、撃墜する方法自体はたくさんある。なので色気づいて空後狙ったり崖外に出て空下狙ったりする。ただ撃墜が可能ってのと、実際に撃墜ができるってのはまた別の話で、結局撃墜がぐだることで焦りから前のめりになって逆転されてしまったり、崖外に出たことで崖を背負ってしまったりする。
そこでまた少し視点を変えて、撃墜困難だから撃墜択を通そう通そうと焦るのではなく、撃墜できないならこっちも撃墜されなければ良いだけ、7分(短いこともあるけど。マジでクソ)じっくり使っていこうという考えになってだいぶ楽になった。
実際時間を使おうとすればするほど、フルーツを溜める時間はできるし、相手の行動は見えてくるし、相手はイラつくし、いい方向に傾くことは多かった。

・速く動かす
結局これ。マジでこれ。毎回言ってる。他のことはVIP到達するまでには不必要と思っていいくらい。上達した気分になっていろいろやる前に、基本をおろそかにしてはいけないんだよな。
いやまあ娯楽でやってるので、ある程度はおっしゃる通りだし、ある程度はやっぱ色々やりたいじゃん・・・って気持ちではある。あるけど勝たないとつまらないので、文句を言う前にやることはある程度やっておくべきなんだろうな。
対戦ゲーム、娯楽だから無理にやる必要はないので、やるならそれなりの態度で臨む必要がある。

・フルーツをアイテム化すると前のめりすぎる
フルーツを溜めてるときってかなりもどかしくて、さっさと当ててダメージ稼ぎたいor撃墜したいって気分でいっぱいなんだよね。チャージショットを持ってる他のファイターと比べても、ここまでフルーツ溜めてからがスタートラインみたいなファイターはちょっと異質。そりゃ気持ちも急いてしまう。
そんなこんなで、やっとこさフルーツを溜め、一度投げてアイテム化し、さあ俺は待った、これからお前にこれを食らわせるんだと、ガンダッシュ決めて、はやる気持ちでアイテム投げて、警戒されてるからもちろん避けられて、ループって怖くね?状態。そりゃイライラもしてくる。
アイテム化しているときに試合を回しているのは絶対的に自分なので、その時間はできるだけ大切にした方が良い。せっかく溜めたなら、当てるところまで大事にしよう。
スマブラは撃墜することが勝利条件のゲームだから、撃墜困難だとどうしても焦ってしまうけど、パックマンはダメージレースではあまり負けないので、じっくりやろう。

・つかず離れずの距離感の維持
専用部屋で見知らぬルイージと対戦した時、1スト目をあっさり取られ、2スト目も100%以上稼がれてめちゃくちゃ劣勢だから自然と慎重になり、そこから何故か相手ルイージの攻撃が何も通らなくなり、こっちの行動がすべて通ってそのまま3スト取って勝った対戦があった。そのリプレイを見返してみると、なんかこう、良い感じのつかず離れずの距離を保てていて、いわゆる差し返しの意識が強かったっぽい。よくわからんけど。
動きが速いファイターが相手だと難しい部分もあるだろうけど、それでもこの意識は絶対に大事なので、焦らずやっていく必要がある。
そういう視点で他のリプレイを見てみると、早く%稼ぎたくて余計な暴れって言うのかな、怪しい状況で無理に横強だったり空前差し込み当てようとして結果ダメージ食らってしまっているとか多かった。
そういう時はいったん離れると、フルーツを溜められてこっち優位に試合を運べるので、そういうのも大事。

・心と時間の余裕
クルールと射撃miiをVIPに入れた時には共通点があって、どちらも土曜の午前に連勝して一気に700ちょいからVIPボーダーを超えてるんだよね。
これは土曜午前にやる層が戦闘力のわりに実力が低いのかもしれないけど、体感では翌日の仕事のことを気にせず精神的・時間的な余裕を持ってやれているからだと思ってる。今回は金曜の夜だったけど、要素としては大体同じ。
スマブラに限らないけど、対戦ゲームはかなり心身の調子が影響するものなので、平日は専用部屋とかで軽く手の運動くらいにしておくのが賢いのかもしれない。普通に他のことにも時間が割けるし。
健康、大事。

・偉そうにうるせえ。お前はきたねえ横スマだけ振ってろ

ここまで読んでるの推敲してるときの俺だけなんじゃないかって気がするくらい相当長々と書いてしましまった。それくらい色々思うところがあってそこが辛かったけど、本当に魅力的なファイターだと思う。憧れて使い始めただけはある。
まあ長々書いたけど、結局のところ、

ベル外したけど避けたところに横スマ!

着地狩りに横スマ!!

回避先に横スマ!!!

当たるまで適当に横スマ横スマ横スマ!!!!!


こんな感じだった。そりゃそうだよ。俺もあんたもVIP前だもん。多分VIPでもある程度これと同じ状況になると思う。
VIP到達するころにはもうちょいきれいになってるかなって思ってたんだけど、最初より汚くなったかもしれない。それもまたスマブラだよね!

○まだできていない
無限にある。伸びしろしかないな!!!

・フルーツを溜めるのか、ラインを詰めるのか、復帰阻止をするのか
状況や相手のファイターや画面の向こうの人間次第だろうから画一的なものはないんだろうけど。
現状崖を全く詰められていないのと、復帰阻止を全くしていないのとが合わさって、フルーツを溜めるのを最優先にしているんだけど、これはバランスよく、相手に対応されないようにしていきたいところ。その方がうまそうに見えるし。

・ガーキャン空前空後空下
空Nが3Fでガーキャンから出してもめちゃくちゃ早くてほんと強くて、クルール射撃miiになかったガーキャン行動を嬉々として振り続けてる状況なんだけど、割と密着じゃないと当たらなくて空振りが多い。空前空後だと届いてたかもなとか、空下当てて距離取った方が状況良かったかもなとか思うことも多かった。

・復帰阻止
パックマンは復帰が強いから、回転率の良い空前とも相まって復帰阻止かなり深くまで行けるし、深くまでいかなくてもオレンジやストロベリーで復帰ルート制限して空下とか置くのが強いっぽいんだけど、実際やってみると相手見ながらオレンジまで溜めて相手に合わせてキャンセルして投げて空下置きに行くとかめっちゃ忙しいんだよね(強い人の動画見ても要所では空下だけしっかり当ててたりはするけど、実はそこまで美しく決まってはいないことが多い)。
そこまできれいにいかなくても、復帰阻止は確かに強いので、頑張ってある程度身につけたいところ。
ただ持続短いのが結構難しいんだよな・・・。空下はすっぽ抜けるし。

・消火栓転がし、水流ベル、水流リンゴ、上投げリンゴ掴み、etc…
パックマン特有のネタ。消火栓転がしは簡単な横強ボスギャラとかはできるようになってきたけど、うまい人は空Nとか空後とかすぐ当てたり、低空空上でゆっくり転がしたり、かなりうまい。
水流関連は撃墜に直結するし、相手はそこまで警戒できないから自分が理解できていれば通りやすいだろうし、こういうネタを身に着けるのがパックマンを使う楽しさだと思うからぜひ身に着けたいね。

○まとめ
好き勝手吐き散らしたからまとめるのめんどくさいな。

触っていい感じだったから触った他のファイターたちとは違い、パックマンは動画を見て憧れて使い始めたファイターだったから、こうやって一つの区切りまで頑張れたのは素直に嬉しい。

期間は例によって触ってない日もあるけど、VIP目指してからは12日間で射撃miiより1日長かったけど、クルールの3週間よりはやはりというべきかだいぶ早くなってた。いやまあメインにしたくてちょこちょこ触ってたから全然12日間ではないんだけど。真剣さという面ではって意味でそこは一つ。

12日間と思ったより早くはあったけど、これはこれまでパックマン触るたびに思っていたけど、ほんと難しくて、何度もぶん投げそうになった。撃墜困難なファイターを使うのってこんなに辛いんだなって。雰囲気で撃墜したいよ俺は。

上達というべきなのかわからないけど、割り切りというか、今の自分にできること、目標達成までに必要っぽいことがクリアになってきて、難しいな、撃墜困難嫌だなと思いながらも、諦めずある程度の期間触り続ける重要性を痛感した。重ねて言うけど娯楽なので、嫌なら嫌でやめればいいんだけど、愛着なのだろうか、やっぱVIPには入れたかった。

クルール、射撃miiに続いてパックマンをVIPに入れたんだけど、前述の2体って初心者お手軽キャラじゃんwみたいな空気感があったけど、パックマンみたいな割と癖が強いファイターでもVIPに入れられたのはちょっと自信につながった。まあパックマンもお手軽キャラじゃんとか言う層はいるだろうけど、自分の認識としては癖が強いから達成感がある。

そんなこんなでパックマン、苦労したとは少し違うけど、触っていて辛い気持ちになることが多かった。その理由の2000000%撃墜困難だけど。マジで辛かったわ。
撃墜ってのは使い手の努力次第らしいから、使ってればどんどん辛い気持ちが薄れていくのかもしれない。
辛かったけど普通に強くて、伸びしろもあって、なんだかんだ楽しい良いファイターだった。でも掴みから展開を作るのが好きな自分としてはその要素が薄いのはちょっと不満だったかも。ガーキャン強くてだんだん気にならなくなったけど、直前の射撃miiがそういうファイターだったから特にね。

何度も言っているようにメインに据えたいと思ってはいるんだけど、撃墜困難がどうしても辛くて、ほんとに真面目にスマブラに取り組むならパックマンをメインに据えて頑張るんだろうなって気分ではあるけど、じゃあ現状メインにしますか?と自答したとき、しないかもなぁって感じだ。

結びいまいちだな。でもほんとに良いファイターだと思う。お前ら素直にベルに当たれよな。避けるとか生意気だぞ。
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .