fc2ブログ
備忘録  Fight or Flight
 ポロリもあるよ!   構築、ログはカテゴリの「構築リンク」からとぶと便利だってさ!
20年振りのポケモンクリア
金銀以来20年振り(20年振り!?)にポケモン(シールド)を買いまして、無事クリアしたのでざっくり振り返りを。

switch買ってあったってのは大きいけど、周りのオタクがなんだかんだ楽しそうにやってたのに触発され、対戦はあまりする気はないけど久しぶりにポケモンやりたくなって買ってしまった。楽しかった。
剣盾クリア

剣盾手持ち

<手持ち>

○ゴリランダー(NN:エテベジ)
2019年はエテルノベジタブル大作戦の年だったので、草タイプのサルノリを選択。名前も猿のエテボースっぽいし割とあってる。
派手さはないが要所できっちり活躍してくれた。
でも最初のパートナーだからもうちょい活躍してほしかったかな~。

○バイウールー(NN:やラ)
主人公の地元のポケモンでもあり、自分の地元北海道ともまあ縁がある羊なので手持ちに。NNはラムじゃないので。
食べ残し持ってコットンガード積んでひたすらずつきとにどげり振り回しているだけだったけどそれが強かった。
ノーマルタイプなのにもふもふで炎に弱いせいで、手持ちがかなり炎に弱くなってしまった。かわいい。

○アーマーガア(NN:ばつまる)

ガラル地方の空には、アーマーガアにかなうポケモンはいないとされており、颯爽と空を飛ぶ姿を見ることができる。戦いを挑んだポケモンは、鋭い眼光と鳴き声に恐れをなして逃げ出してしまうともいわれる。
ポケットモンスター ソード シールド 公式サイトより

発売前から(ガラル地方の空には、)アーマーガアにかなうポケモンはいないことが判明しており、最強だとわかっていたので使う以外の選択肢がなかった(ランクバトルのシングルではお世話になりました。最強。)
鋼の悪・ゴースト耐性なくなったの未だに覚えられない。
NNは捕まえた時バッドばつ丸みたいな顔してたので。

○パルスワン(NN:ドーナツ)
ワンパチかわいかったのと序盤で手に入ったのとまともな電気が他にいなかったので。
ワンパチからの進化としてはなんか違うかもって感じがないとは言わないけど、パルスワンはパルスワンでかわいいのでまあいいでしょう。
かわいいくせにほっぺすりすりからかみつくやかみなりのキバでまひるみ狙うの性格悪すぎて結構強かった。
中盤手持ちに入れてなかったけど、最後の枠が決まってなかったから、ホップくんのアーマーガアやチャンピオンのリザードンと戦えるようにってのと、序盤に捕まえたポケモンの方が愛着があったからってので手持ちに復帰。実際リザードン麻痺させてなんとか勝てた。
NNはワンパチのときに首にドーナツみたいなのが巻き付いてたので。

○ウオノラゴン(NN:うごきだして)

お前ら4人がプレッシャーお見合いしている間にウオノラゴンは動き出してる
―名無しのポケモントレーナー

この強烈なフレーズに負けない見た目の強烈さ、でも何とも言えない表情の緩さ、手持ちの圧倒的な炎への弱さで手持ちに追加。
ただ覚える水技がみずでっぽうしかなくまともな技レコードも持ってなかったので、前歯/こおりのキバ/りゅうのはどう/じならしorロックブラストみたいなので使ってた。まあそれでも結構頼れた。

○モスノウ(NN:ツモルフ)
ユキハミが見た目かわいくて話題だったけど、進化後のモスノウもかわいかったので即手持ちに。炎にマジで弱い。
どうも脆くて積極的には出せなかったけど、ちょうのまい積んで全抜きしてるときは最強だった。
NNは蛾(モス)+雪(スノウ)の時点で完璧だからあんまりいじりたくなかったけど、雪→積もる+モルフォ蝶でツモルフとした。割とおしゃれっぽい名付け方でお気に入り。
使ってたのは♀だったので、♂を使うことがあれば、雪→降る+モルフォ蝶でフォルモとかこれまたおしゃれっぽくていいかもしれない。おしゃれか??

<全体について>
・ポケモンがアイコンで表示されていた時代しか知らないので、3Dだと町や外に実際にポケモンがいる感覚がすごかった。
・ポケGOなんかもそうだけど、ポケモンは体験として非常に優秀。反面ゲームとしてはやや詰めの甘さは否定できない感じなのでもうちょい頑張ってほしい。
・主人公ちゃんデフォルトの服がかわいい
・主人公ちゃん背の低いポケモンや子供と話すときに目線合わせるのすごくいい子
・ワイルドエリアでいきなり手持ちより圧倒的に強いポケモンに出会ってマジで怖かった。
・タウンマップじゃ方角わかんねぇからコンパスくらい持って冒険に出かけてほしい。3Dゲームとしての甘さがこういうところに出てる・・・。
・育成まだ手を付けてないけど、タマゴが一瞬で見つかるのでそれだけでも楽そうだってなんとなくわかった。
・まともな電気タイプ少なくね?
・マリィちゃんの方言キャラ、最近九州の方言好きなので刺さりまくってしまった。かわいい。
・マリィちゃんかわいいけど、主人公への○○選手呼びがオタクのクソ敬称呼びのそれで穏やかじゃない。
・しんかのきせきがあると図鑑埋めのための育成が多少楽だった。
・というか最初から初代の学習装置みたいなシステムになってて楽だった。
・雌雄で見た目が若干違う個体が多くてびっくりした。過去作見るとホモホモパラダイスみたいな状況になりそう・・・。
・全体的にトレーナーのポケモンより野生のポケモンの方がレベルが高いんだけど、これは自然の厳しさでも表してるのか?
・図鑑の説明に食う食われるがまあまあ書かれてるけど、これはいつもこんなもんなんだろうか(前作くらいからそういうのよく書かれてるらしい)
・ホップくん最初うっとうしい感じのキャラかなと思ったけど、彼の成長に胸が熱くなった。自分は男なので、男主人公にしてもっと自己投影したうえでホップくんとライバル関係でいたかったなと思うほどだった。
・ビートくん序盤うっとうしかったけど、委員長にいいように使われてた感じだったのでまあ子供だしこんなもんかなって思えたし、最後は非常に良い顔になってて良かった。ホップくんと同じ理由で、男主人公にしたいなと思えた。
・ファイナルトーナメントまで全然苦労しなかったからいまいち達成感はなかったけど、チャンピオンは回復アイテム使わないで挑んだら割とぎりぎりの勝利で、結構達成感があった。
・ギルガルド/オノノクス/ガマゲロゲ/エースバーン/ドラパルト/リザードン・・・、きっと大体はテレビ放送などでおなじみのメンツなんだろうけど、チャンピオンの手持ちはリザードンしかわからない状況で対戦に挑むしかなかった。こっちの手持ちはトーナメントで概ね割れている状況での対戦だったので、情報アドに差がありすぎだった。元ガラルチャンピオンダンデさん、さては今まで情報アドで勝ってたところあったな?
・ムゲンダイナ戦、伝説のポケモンが強すぎて自分のポケモンが特に貢献している感じはなかったので、状況としては追っていた伝説のポケモンが助けに来てくれて熱いものがあったが、自分の育てたポケモンが特に役に立ってなくて、昔の伝説の焼き直しを見てるだけっぽくて、体験としていまいちだったのがちょっと残念。展開としては熱かったので評価が分かれるとは思うんだけど。
・進化前のポケモンはもちろんだけど、進化後のポケモンもキャンプで遊んだりカレー食ったりしてるとかわいかったので、いろいろ楽しみたい。
・チャリで寒い中、水上走らせるのダメだろ(ポケモンの上なら良いかと言われると口ごもってしまうけど)
・アーマーガアとかいう最強ポケモンがタクシーで使われているの、いざという時の抑止力なのかもしれない(??)
・ローズ委員長、ガラルの企業ほとんど持ってるとかで明らかにまともじゃないと自明だったけど、悪くなり方がそんなに邪悪じゃなかったので平和な世界だ。

ざっと思い出せるのはこんなところだろうか。
手放しで全部褒められるかというとそうではないけど、期待通りの楽しさではあった。
チャンピオンになっただけなのでまだ遊べるところはあると思うので、もう少し20年振りのポケモンを楽しみたい。
図鑑もやったことのある赤緑、金銀では完成させてないので、今回は完成させたいし。

対戦はそんなにやる気ないのでそんなにやりません!
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .